英語スピーキング力を測定 株式会社アルクのTSSTの過去問を解いてみました 114 (自己紹介系の問題編29)

TSST

TSST(Telephone Standard Speaking Test)とは株式会社アルクが運営する、電話で15分で受験できる英語スピーキングテストです。

TSSTの概要はリンク先をご確認ください。

このページでは、TSSTのスピーキングテストの過去を解いてみます。参考にしていただければと思います。

好きなものを問う問題(自己紹介系の問題)とは

TSSTでは、10問の設問に各45秒で回答をします。10問のうち、最低1問は「好きなものを問う」問題が出題されます。

「好きなものを問う問題」の設問例

・あなたの好きな国はどこですか。その理由を教えてください。
・好きなスポーツ選手の名前を一人挙げてください。また好きな理由を教えてください。
・好きな雑誌、本は何ですか。それはどんなものですか。

 

実際に解いてみよう

自己紹介などのスピーチは、結論、理由などの述べる論理的な回答ができないものの、ある程度で「型」持って臨むべきです。

例えば、以下のような「型」をあらかじめ用意しておくとスムーズに会話を作ることができます。

① 結論を述べる(ex.私は〇〇が好きです。)
② その理由を述べる
(ex.過去に〇〇に行き、とても楽しい時を過ごした。)
③ 補足するエピソードやエビデンスを挙げる
(ex.〇〇に行って〇〇と出会いました。)
④ (時間があれば)2と3を繰り返す
⑤ 最後に結論を述べる

論理的な回答を求められる設問とは異なり、理由を論理的に述べることはできません。その分、具体的なエピソードや事実など述べることで内容を膨らませると良いでしょう。

 

では、実際に回答してみます。私なら以下のような回答をします。今回は、「待ち合わせをしていた友人が現れないときにあなたはどのような対応をとりますか。」という質問に回答したいと思います。

①I will send text message to a person who I’m going to meet when I can’t find him or her at time we’re going to meet.

②I’ll send a message to tell him or her that I’m already at the place where we’re going to meet. This is because we can avoid the risk for one of us is waiting at the wrong place. In that case, if I send that kind of message, he or she will notice we’re in the different place.

③I’ll wait for him or her arrival and reply for ten minutes. I’ll read a book or study English while I’m waiting. I’m kind a person who don’t mind waiting if I have something to kill time, so I always bring a book and a text book with me when I go out. After waiting for ten minutes, if the meeting spot is outside and it is cold or hot, I’ll send a message again and tell him or her that I’m going to wait at somewhere comfortable such cafe. If it is nice weather, I might wait at the rendezvous location.

④As I said before, I don’t mind waiting so I will wait till he or she comes.

 

この例題で使える単語・表現

「待ち合わせ場所」   : meeting spot, rendezvous location

コメント

  1. […] 🔷 […]

タイトルとURLをコピーしました