英語スピーキング力を測定 株式会社アルクのTSSTの過去問を解いてみました 79 (最近の出来事・経験の問題編18)

TSST

TSST(Telephone Standard Speaking Test)とは株式会社アルクが運営する、電話で15分で受験できる英語スピーキングテストです。

TSSTの概要はリンク先をご確認ください。

このページでは、TSSTのスピーキングテストの過去を解いてみます。参考にしていただければと思います。

最近の出来事・経験の問題とは

TSSTでは、10問の設問に各45秒で回答をします。10問のうち、最低1問は「最近の出来事・経験」の問題が出題されます。

「最近の出来事・経験の問題」の設問例

・昨日のできごとについて教えてください。
・最近、誰かと食事に行ったときの話してください。
・最近いった旅行について説明してください。

実際に解いてみよう

最近の出来事などのスピーチは、結論、理由などの述べる論理的な回答ができないものの、ある程度で「型」持って臨むべきです。

例えば、以下のような「型」をあらかじめ用意しておくとスムーズに会話を作ることができます。

① 結論を述べる(ex.私は〇〇をしました。)
② 補足するエピソードを挙げる
(ex.〇〇に行って〇〇と出会いました。)
③ (時間があれば)②を掘り下げる
④ 最後に結論を述べる

論理的な回答を求められる設問とは異なり、理由を論理的に述べることはできません。その分、具体的なエピソードや事実など述べることで内容を膨らませると良いでしょう。

では、実際に回答してみます。私なら以下のような回答をします。今回は、「子供のころ、親戚の集まりをどう思ってましたか。」という質問に回答したいと思います。

①When I was a kind, I was always looking forward to join family reunions. Our relatives gathered twice in a year. I think it is very common in Japan. I remember how I enjoyed spending with my relatives. I’d like to explain why I thought so.

②First of all, I had a really good time playing with my cousins. We played both outside and inside the house. We played tennis. My cousin was really good at tennis, so I’ve never won the game. We also played with video game. They had many softwares, so I always envied them.

③The other reason why I liked family reunions was because there were always feasts. We had Osechi-ryori which are specially prepared New Year’s dishes. We had Sushi at every dinner. We ate a lot of snacks.

④I was allowed to stay up late. It was a special opportunity. My parents didn’t stay up late when I was a kid.

実際にこの文章を考えながら45秒ですべて話すのはかなり難易度が高いと思います。しかし、暗記していれば、45秒くらいで回答が可能だと思います。

この例題で使える単語・表現

「親戚の集まり」   : family reunion
「親戚」       : relative
「いとこ」      : cousin

  

 

英語スピーキング力を測定 株式会社アルクのTSSTの過去問を解いてみました(まとめ)

コメント

  1. […] 🔷 […]

タイトルとURLをコピーしました