英語スピーキング力を測定 株式会社アルクのTSSTの過去問を解いてみました 103 (自己紹介系の問題編18)

TSST

TSST(Telephone Standard Speaking Test)とは株式会社アルクが運営する、電話で15分で受験できる英語スピーキングテストです。

TSSTの概要はリンク先をご確認ください。

このページでは、TSSTのスピーキングテストの過去を解いてみます。参考にしていただければと思います。

好きなものを問う問題(自己紹介系の問題)とは

TSSTでは、10問の設問に各45秒で回答をします。10問のうち、最低1問は「好きなものを問う」問題が出題されます。

「好きなものを問う問題」の設問例

・あなたの好きな国はどこですか。その理由を教えてください。
・好きなスポーツ選手の名前を一人挙げてください。また好きな理由を教えてください。
・好きな雑誌、本は何ですか。それはどんなものですか。

 

実際に解いてみよう

自己紹介などのスピーチは、結論、理由などの述べる論理的な回答ができないものの、ある程度で「型」持って臨むべきです。

例えば、以下のような「型」をあらかじめ用意しておくとスムーズに会話を作ることができます。

① 結論を述べる(ex.私は〇〇が好きです。)
② その理由を述べる
(ex.過去に〇〇に行き、とても楽しい時を過ごした。)
③ 補足するエピソードやエビデンスを挙げる
(ex.〇〇に行って〇〇と出会いました。)
④ (時間があれば)2と3を繰り返す
⑤ 最後に結論を述べる

論理的な回答を求められる設問とは異なり、理由を論理的に述べることはできません。その分、具体的なエピソードや事実など述べることで内容を膨らませると良いでしょう。

 

では、実際に回答してみます。私なら以下のような回答をします。今回は、「海に行ったら、何をしますか。」という質問に回答したいと思います。

①Many people go to the beach every summer. However, I’m not a person who like to go to the beach. Actually, I don’t even remember when I went to the beach last time. Many people go to the beach to swim or bask in the sun, but I don’t want to do such things.

②When I go to the beach, I’ll put on sunscreen all over my body in order not to get sunburned before living a car. I put on sunscreen every one hour because some studies say that efficacy of sunscreen continues only for one hour. I also wear a hat to prevent from getting sunburned.

③I don’t want to swim in the sea, so I just sit down, see the waves and listen to the sound of the waves. Some people may think that just sitting down on the beach is boring. However, I don’t think that way. Sounds of the waves are really good for me. They make me feel calm. I also feel winds comfortable. Smell of the sea is really good, too. It reminds me of my memories of my childhood.

④I feel like I want to go to the sea once in a while.

 

この例題で使える単語・表現

「海」       : the beach, the sea
「日光浴をする」  : bask in the sun
「日焼け止めを塗る」: put on sunscreen
「日焼けする」   : get sunburned
「効能」      : efficacy
「子供の頃の記憶」 : memory of one’s childhood
「たまには」    : once in a while

コメント

  1. […] 🔷 […]

タイトルとURLをコピーしました